マレーシア移住4人家族。たま家。

移住しました。時々絵日記。生活、教育、観光情報など。

sorryよりもthank youを使うようになった私。マレーシアに来てもうすぐ2年!


SPONSORED LINK

こんにちは。たままつこです。

f:id:mynanana:20180730141126j:plain

photo credit: woodleywonderworks universal thank you note via photopin (license) 

 

 これは、息子お気に入りのDVD、まんが日本昔ばなしです。

f:id:mynanana:20180730115423j:image

私の母が、マレーシアに遊びに来た際に「日本の心を育てるのにええかなと思って」とプレゼントしてくれたものです。

f:id:mynanana:20180730115427j:image

定番のお話から、私も知らなかったような話まで。面白いです。結構残酷な描写もあるんですよね、舌切り雀とか。雀が舌を切られてしまうシーンになると、息子は逃げていきます。怖いらしい。カチカチ山もよく考えたらえぐい。背中燃やされてるし。。おっかねえ。

怖い話もあるし、教訓のような、悪いことをしたらこうなるよ、というメッセージも込められているまんが日本昔ばなし。子供の頃よく見ていたけど、その時はなにも思ってなかったけれど、息子と一緒に見てみると新たな発見がありました。

マレーシアに来てもうすぐ2年になります!

思えば2年前は何も考えずに引っ越してきた私。駐在員と、移住者の違いもよく分かってなかったし。駐妻の人たちの華やかなSNSを見て、私もこんな生活をするんだ!と思っていたら全然違った。そもそも、日本人があんまり住んでいない街へ来たし。

駐在の方ともSNSでお友達になって、会いにいったりしたな。楽しかったです。その反面、2年とかしたらまた日本に帰ると聞いて、そうか、駐在って数年で帰るのか。とそこでやっとハッとしました。

私はいつまで、マレーシア?

本当、旅行気分でやってきた自分が恥ずかしいです。我が家はずっと、ここで暮らすかもと思ったら色々な考えが変わりました。息子の学校選びも、いずれ日本に帰るのか、そうで無いかで違ってきますし。自分と家族の人生を考える良いきっかけとなりました。

でも今は、マレーシア生活を楽しんで、こちらで子育てしたり、ブログを書いたり、楽しくやっています!いつまででも、住むつもりです。

トラブルは多いけれど、今の所なんとかなっています。

sorryよりthank youを使うようになった私

来てすぐの頃は、2歳の息子がイヤイヤ期で、癇癪がすごい時期でして、エレベータで自分がボタンを押せなかったり、小さなことで「ぎゃー!!」となったりするので、私はお店で走り回って人にぶつかりそうになったり、人に迷惑がかかるたびに「sorry」と言っていました。

でも、マレーシアの人たちの子供に向けるまなざしは、本当に暖かで、ぎゃあぎゃあわめいている息子がいても、あやしてくれたり、お菓子をくれたり、順番を譲ってくれたり、通り過ぎるときに頭を撫でてくれたり、有難かったです。自然に「すみません」よりも「どうもありがとう」と 言うようになりました。

 子育てに関しては、本当にマレーシアでよかったなと思いました。あくまでも私の精神上で、ですが。衛生面や、公園がないこと、お菓子が甘すぎる、とかダメだなと思う部分もありますけどね。

自分の性格の問題なのですが、子連れで出かけると異様に、気を使ってしまうのです。周りの目が気になってしまうというか。そんな私でしたが、のびのび、あまり気を使わずに「thank you!」と言って素直に周りに任せて、食事したり買い物したりできたのがマレーシアです。

 

マレーシアで暮らすの大好きな私ですが、来月、日本へ一時帰国できそうなことが分かって、わくわくがとまりません!やっぱり日本が一番ご飯が美味しいですからね!

結局、基準はご飯かい。。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

www.tamamatsu.net

www.tamamatsu.net