マレーシア移住4人家族。たま家。

移住しました。時々絵日記。生活、教育、観光情報など。

【ニュースの感想】ラマダンバザールと食品廃棄の問題など


SPONSORED LINK

 

f:id:mynanana:20180604115351j:plain

photo credit: Phalinn Ooi Tanah Merah via photopin (license)

気になったニュースを元に書きたいと思います。

 

 

ラマダン期間中に廃棄されてしまう食品は最大で27万トン

マレーシアでは只今ラマダン中(断食中)。昼間は閉まっているレストランも多いです。いつもはランチタイムに行列が出来ている近所のマクドナルドもシーンとしていました。お店側としては売上とか大丈夫なんでしょうか。マレーシアでは当たり前の光景ともいえますが。

その一方で、ラマダン期間に廃棄されてしまう食品は最大で27万トンにもなるというニュース記事を読みました。ラマダンバザールだけではなく、ホテル、レストラン、スーパーなどからも出ているそうです。27万トンっていったいどれくらい?膨大すぎると逆にわからない。

 

27万トンとは?飛鳥Ⅱで換算してみた

少し話が逸れてしまいますが、思いついてしまったので書きます。

昔、学生の時に神戸でアルバイトをしていた時に、初めて見た飛鳥Ⅱという豪華客船。世界一周とかしてしまうすごい豪華な船。メリケンパークオリエンタルホテルの前に停泊していて、うっとり眺めた思い出があります。ビルが海に浮いてるのかと思った!

当時の私は「生まれてはじめてあんな大きな船を見た!!」と、衝撃を受けた大きさなんですが、その飛鳥は約5万トンです。

飛鳥5隻以上分!だいたい想像つきましたでしょうか。つかないか。

f:id:mynanana:20180604141138j:plain

飛鳥Ⅱ

例えが変で申し訳ありません。東京ドーム何個分、、とかも思ったのですが、東京ドーム見たことなかったので、、

 

ニュース記事はこちらです↓

femalemag.com.my

 

記事の内容について

  • ラマダンバザールでスマートショッピングへのガイド

ラマダンバザールとは、ラマダン中(断食中)に開催されるナイトマーケットのことです。日没後の食事のため、人々はご飯を買いにきます。ムスリムではない人たちも行くことができます。

記事内容をざっくり説明しますと、予算と買うものを決めて、買いすぎないことや、栄養のあるものを買おう!などと買いてあります。

食品を無駄にすることのないよう、心がけることが大切ですね。

 

こちらのニュース記事も読みました↓ 

www.nst.com.my

ラマダン期間中は買いすぎてしまう、との内容もありました。きちんと計画を立てて買い物しないといけないのですね。でも空腹なら沢山買ってしまうのは仕方がないような。ラマダンバザールのお祭りのような雰囲気はワイワイしていて好きです。

 

  TLFP(The Lost Food Project)

TLFPというプロジェクトは、シングルマザー、子供、難民、ホームレス、都会の貧困層や高齢者など本当に食料を必要としている人々へ、食料を配布する活動などを行っています。

TLFPによって収集された食品は冷凍トラックで24時間以内に運ばれ、配られるのだとか。すごいですね。注目の取り組みだと思います。

The Lost Food Project – The Lost Food Project

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

www.tamamatsu.net